Everyday is a special day ★

雑学、豆知識あっても無駄にはならないトリビア(・∀・)b

7月7日~小暑・暑中見舞い~

玄関が雨漏りをしていて、靴の中に水が溜まっているのを知らずに足を突っこみ、数分もしないうちに着替えたての靴下がおじゃんになって洗濯物が増えたドロップです。

 

 目次

 

季節の行事

我が家は季節や月の行事、イベントに昔からうるさく

  • 1月は正月(お節)や七草
  • 2月は節分(恵方巻き)、バレンタイン
  • 3月はひな祭り(菱餅、ちらし寿司)

等、毎年恒例行事と化してます。

そして、何故か無駄に凝っていて、餅つきやお節は絶対手作りであったり、クリスマスにハンドメイドで松ぼっくりからクリスマスツリーを作ったりします。

自分は毎年そうなので当たり前だと思って、知り合いや友達にこの話をすると、

「えっ、なにそれ?そんな行事知らんで!」

「いやいや、そんなメンドくさい亊しやんやろ!」

等、否定的な意見がよく返ってきます。(今ではもう慣れましたが)

 

f:id:drop-remix:20180708071432j:plain

暑中見舞いの時期

ところで、7月7日って皆さん何を思い浮かべます?

大体の人が七夕をイメージしますよね。(あ、後はスロットか笑)

でも実は、7月7日は七夕以外にも、梅雨明けが近づき、気温が一気に上り、本格的な夏が始まります。

その合図となるのが、小暑(二十四節季の1つ)。(小暑⇒しょうしょ)

暑中見舞いを出す時期は、小暑(又は大暑)から出す(※諸説あり)と言われていて、我が家は昔からこの時期に毎年出しています。

 

我が家は手書き!

で、この暑中見舞いなんですが、今はかもめ~る*1便利なハガキがあるにも関わらず、母が凝り性なのもあって、我が家は未だに手書きで書いてます。

絵手紙や、ステンシル*2等で作成しているのですが正直、めちゃくちゃめんどくさいです!!

とはいえ、この作業に慣れてきてしまっている自分がちょっと嫌ですね笑

別に出さなくてもいいと思うんですが、小学校から続いている友達や、

親戚の叔父に出して、返ってくるとめちゃくちゃ嬉しい(ありがたい)気分になります。

(特に友達なんかは返すのがめんどくさいでしょうから余計に)

 

でも、何で送るの?

昔はわけも分からず習わしとしてとりあえず送っていた暑中見舞いですが、皆さんは何故暑中見舞いを送るのか知っていますか?

お中元の代わりだとか、相手のへの挨拶等でも間違いではないんですけど、詳しくは、1年で最も暑い時期お世話になっている人やいつも仲良くしてくれている人に、

暑さで体調を崩していないか健康であるか?等

相手の安否を気にかける意味合いがあります。

又、引っ越しや出産したことを報告するのに、年賀状は数カ月先であったり、結婚報告だけだとお祝い欲しさ故にと思われてやらしいのでは?

等の個別で書くのを困った時に暑中見舞いで一緒に報告するのが一般的には最適とされています。

 

最後に。

今年も書き終えたんですが、かなり前に利用していたとある場所から、暑中見舞いが届いて、かなり嬉しい気持ちになりました(´∀`∩)↑

雨、さっさとやまないかなぁ~

 

*1:郵便局が発売している、暑中見舞い等に使えるくじ付きの夏限定ハガキ。

*2:紙や金属板等に切り抜いた図柄や文字を擦りだす方法、型染